ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.03.18 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.27 Saturday

Pocket Merry-Go-Round 6


ワタシの持っているモノで一番古い家電とかガジェット・機械モノは「カメラ」です。32年前の小学6年生の冬にお年玉やおこづかいを貯めて買った一眼レフ「Canon AE-1 PROGRAM」、モチロン今でも完動品ですよ、シャッター鳴きしてるのでオーバーホールは必要ですが。今でこそ「撮鉄(トリテツ)」なんて言葉がこのコアなジャンルを「オタク」の世界から遠ざけているようですが、当時「撮鉄」だったワタシが「キヨブタ」で手に入れて、最寄りの駅の始発に乗って車体に雪を載せた北からの列車を収めによく行ったものです。

ワタシは大概モノモチが良く、壊れないから買い替えられない、ってパターンが多いのですが最近のプロダクトはまるで信用ならないですね。で、必要な時にソイツは壊れまして・・・プリンターです。まぁ、7年前のモデルですから補修部品の期限も切れてこんなものかと思えばそれなりに。ですので慌てて新しいのを買い求めて。PC歴14・5年で3台目のプリンター、2台目のソレは当時5万円近くしてたんですが、今は1万数千円でトップモデルが買えるんですね、いやはや時代とは。便利になってはいるものの製品としては頼りないツクリ、コイツも短い寿命なんだろうなぁ・・・あぁ、モノとは一体!?

さて、ちょっとお久の「メリーゴーランド」ですが沈胴式の本体をポップアップさせる為のネジ部分にひと工夫です。とにかく懐中時計様のケースになるべく小さく納めないといけないのでネジ頭もコンパクトに。しかし、小さいと回しにくいので使う時に大きくなるように「蝶番式」にしました。本来は天蓋も付けたかったのですがソレは早々にあきらめたので、せめて屋根にデザインを入れたいと蝶番部をクラウン状に。

バタフライ状にツクったヒンジ・パイプ部分中央に本体を上げ下げするネジをロー付して、天蓋部分が回転せずに持ち上がるようにネジを空転させる為に間に「割り座金」(ワッシャー)を挿入。思い通りに動きましたぞ!!!まだまだつづく・・・。

2013.04.13 Saturday

Pocket Merry-Go-Round 5



七十二侯・虹始見・にじはじめてあらわる。一気に春が来てもう桜も見頃はとっくに過ぎたというのに、気温は上がったり下がったり忙しい今春、昨日今日は寒い。と、今朝方18年ぶりにそいつは突然やってきた。午前5時半過ぎ、まだ夢の中、スマホがけたたましく吠えた一度聞き覚えのある「緊急速報」。その後5秒と間も無く地響きがしたかと思えば10秒ほど地面をかなり激しく揺さぶった。やっぱり地震は怖い。しばらく心臓の大きくなった鼓動が止まなかった。近頃の日本で頻発する地震は毎日のようにテレビの上部にそれを知らせるけれど、自分の住む街では「忘れた頃にやってくる」と18年前を経験している身にはフラッシュバックとなってあの恐怖がよみがえる。この国に住む以上さけては通れないのだけれども・・・。

さて、このブログに移動してから初めての「メリーゴーランド」です。懐中時計ぐらいのケースに納めるために本体がちょうどカメラのズームレンズのように沈胴するのですが、ケースの蓋を開けてメリーゴーランドの天蓋がポップアップする移動する方向が真逆のギャップをどう埋めるか。散々考えて結局高さを確保してもそのバランスがヨロシクない、ので、こだわらずに。と言っても欲しい距離の確保に意外と苦心、1〜1.5mmなんですがね。

最終的な組み立ての順番など考慮しつつ、また今回はシルバーが多いので後の仕上げも考えてロー付ワンパーツを避けて、ネジ留の組み立てを選択。本体の装飾もアレコレ入れてみましたがどこまでやって良いのやら・・・。まっ、まだ入っていくはずですが、ギミックはあとテーブルを回すリューズ部分を残すのみですので、実質、ケースとプラス装飾となりますか、大きな問題が発生しなければのコトですが。


Powered by
30days Album
PR