ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SV prototype Vol.45 "wildboar" | main | Re-make K18 diamond swallow pendant >>
2015.03.18 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.03.25 Tuesday

gnome in a mushroom 7


二十四節季・立春。七十二候・雀始巣・すずめはじめてすくう、桜始開・さくらはじめてひらく。店の真裏にある小山には時々散歩に出るのですが、ついこの前歩いた時には桜はまだ蕾だったのに今日は気の早い子がぽっと咲かせておりまして。いよいよ春、と言ってよいのか、篠山も。暖かい昼間は中庭でごはんでございます。

さてさて、「もう、ギミックはやめたの?」と言われそうな勢いで止まっておりました「ノーム・・・」をようやく再開できまして。まっ、これも今までのようにどんどん進んでいくとは残念ながら思えませんので、できる時にできるだけ。と、コレはショップをオープンする前ギリギリの8月末まで制作しておりましたが、半年以上も掛かれずにいたものですから、続きをしようと思ってもなんだかその詳細を思い出せず・・・ギミック部分は終了しておりましたが、あーだこーだと脳ミソの奥の方からその設計図を引っ張り出しての「きのこ」部分です。

当初のチャラ図面によれば、もう少し先のとがったきのこでしたが、全体のサイズを呑んだうえでノームを納めると可動部が当たらずも窮屈な感じ。ですので唐草のきのこはマッシュルーム型に変更。菊の花のようなパーツはきのこの裏を模したノームの載る台になりまして、上から半球を被せてネジ留の予定。このあたりはスケッチから読み取れて。で、予定にはあったのかなかったのか解りませんが、鳥籠のような扉もツクリまして観音開きのソレを開ければノームが覗けるようにいたしました。この写真ではまだそこまで至っておりませんので、また次回に。

お客様にご了解を得ておりますリフォームなど今後ご紹介しながら、原型も引き続きながら、ノームに掛かれたら・・・。
2015.03.18 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR