ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.03.18 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.04 Friday

彫金教室 赤ずきんとフクロウ


卯月。二十四節季・清明。七十二候・玄鳥至・つばめきたる。四月です。新しく何かが始まる季節。もう大阪や神戸の街中の桜はその見頃を終え散り始めているそうですが、ここ篠山は昨日まで三分咲きの様子が今日の雨にもかかわらず七分ほどまで一気に開き始め、幹・枝だけで向こうが透けていたのがふんわりとやわらかく綿菓子をかぶったように包み込んでいます。が、春の冷え込み、またもや寒さが戻って。そしてワタシは花粉症のスイッチが入り蛇口が壊れており・・・。

先週のことになってしまいましたが、長くお約束していましたことが結実いたしました。昨年のワタシの個展に遠く名古屋からお越しのおふたりが教室にもお越しくださいました。しかも4日連続の強化合宿。遠路お越しの上、お宿までとってのご来店。数か月前より教室にとご連絡を頂いておりましたが、いかんせん篠山の冬は寒いので春暖かくなってからとお約束。おふたりもその日の訪れを首を長くしてお楽しみにされていらっしゃった様子。

さてさて、朝早くの新幹線と在来線を乗り継いでお昼前のご来店。お久しぶりの再会ともっとも旅行並みの距離のご足労を思うに恐縮でなりませんでしたが嬉しく。お昼を済ませていざレッスン!そもそもおふたりはワタシの職歴程の彫金経験者。何故にワタシのところまでいらして・・・メタルワークで作品制作をしていらっしゃるのですが、ワックスではないもっと精密な地金の削り込みをワタシの作品を見られてやってみたくなった、と、おふたり。何をツクルかは事前に伺っておりましたので早速作業、のその前に削り出す地金の塊からツクルところを先ずは見ていただき。

削り出すカタチをペンで下書き、いよいよ糸鋸を使っての荒落し。20舒幣紊離轡襯弌爾硫瑤鮖綉で落としていくなんぞ、恐らく、いや、絶対経験のない作業。これはさすがのキャリアのあるおふたりもその遅々とした鋸刃の歩みに翻弄されつつも、思ったほど鋸刃も折らずに。このあたりで1日目終了。二日目は午前10時からの作業開始で、いよいよヤスリやリューターでの削り出し本番。ガンガン削っていくワタシの方法はひょっとすると道具の持ち方や当て込む角度や強さなど、普段の制作とは違うので、その都度レクチャーをしつつ削る削る、を2日目3日目と。


どんどん進みますが残り時間も容赦なく減っていき、あっという間に4日目お昼までの戦い。完全完成はちょっとムズカシイと判断しましてお持ち帰り後の個人作業にてフィニッシュできるように仕上げまでの段取りをお教えいたしまして、のトップの画像でございます。やはり経験者のおふたり、ここまでの進捗は相当早いです。ワタシがツクっても3日仕事のお題目。よくぞワタシのつたないレクチャーでここまで削ってくださいました!!

しかし、作業前の地金は削ってツクルれるものではないという思いを払拭されて、地金と会話を交わし仲良くなって出てきたいカタチに削ってあげるか、を、身をもって体感頂けたこと、これが一番うれしく、また方法とはすべてが従来のモノではないということ、その人なりがあってよいまたはそれを探して自分のモノにする、それを伝えられたのかなと、ちょっとだけ自負。時間は皆に等しく過ぎているのだろうけどあっという間の4日間に終了の鐘が鳴り、帰途につかれました。本当にありがとうございました!

何も無い真四角の銀の塊からそれぞれに赤ずきんちゃんとフクロウがその姿をあらわし、ワタシがそのお手伝いができたこと、こんなにうれしくありがたいことはありません。いつも教室ではやはり生徒さんに教えているのではなく常に教わっていることをまたもや教わるのでした。人がモノをツクルことはまずは単純にツクリたいから。その先のセンスや技術は二の次で、ツクリたいという欲求を材料に全てぶつけることから始まるのだなと。仕事として携わっている以上、ツクリたいモノが自分の気持ちとは違うことも多いのは仕方のないこと。しかして、如何にその中から新しい何かを掴めるか、そして次にいかせるか。そんな基本に立ち返らねばと。
2013.08.21 Wednesday

彫金教室 「猫」


久しぶりに記事連投です。もう言わずもがなですが本日も暑い・・・出かけた先でちょっとクルマを停めておいただけでサウナの車内。いいかげん愛車もご高齢の為、エアコン全開も効くまで時間がかかる。鞭打って走らせてるから可哀そうにも思うのですが。で、愛車は今では絶滅危惧種のマニュアルトランスミッション=MTでシフトノブがアルミ製、この時期コレが大変。暑くて握れない・・・しばらくは3本指でつまみながらの変速の儀、なハナシ、時代錯誤か!?

さて、現在彫金教室には通いで数名の方に来ていただいておりますが、まだ数回目の方から中には3年近くになる方も。皆さん回を重ねるごとに見事にスキルアップされるのでどんどん手の込んだモノになってきますので仕上がりまで時間が必要だったり。また都合ご紹介出来ないモノもあり、ですが、今回久々に作品ご紹介です。

過日の個展にいらしてくださった方の初作品「猫」完成です!やはりワックスではなく地金の削り込みをマスターしたいと通われて7回目にして堂々の姿です。極端に細い部分などは無い題材でしたのでワックス切削鋳造後のテクスチュアーでも良いと言えば良いのですが、基本削り過ぎの修正がきかない地金削り出しならではの緊張とぼてっとしないスッキリとした仕上がりが出たと。女性には制作初期段階の糸鋸やヤスリによる荒削りが大変なのですが、そこを乗り越えると案外難しくないコトを実感してもらえます。

次回作の為の地金取りも済みましたのでまた新たに荒削りから、さてお題は何でしょう?楽しみでございます。完成オメデトウゴザイマス!!
2013.06.08 Saturday

彫金教室「クジャクの羽・ピンクオパール・イアリング」


七十二侯・螳螂生・かまきりしょうず。うーん、やっぱり梅雨は何処へいったのか、乾いた空気で良い天気、すこぶる過ごしやすい本日の大阪。個展終了翌日より教室もあったりで本日ようやく完全オフ日、のんびり朝寝坊きめようと思うもいつも通りに目が覚めて、お掃除三昧、昼からはガラス作家さんの個展に行こうかと。

さて、準備・展示としばらくお休みになっていた彫金教室、またひとつ作品が生まれ出ました!あまり見ないピンクオパールにクジャクの羽をぶら下げたイアリングです。Sさんのもう幾つ目になるのか新作です。今回は初めて「フクリン」に挑戦、オパールのすっぽり収まる枠を巻きました。イアリングの金具のロー付と石留はさすがにムズカシイのでワタシがお手伝い。見た目のボリュームとは裏腹に結構軽く仕上がりました。ピカッと鏡面になって手にすると今までの苦労が何処かへ飛んでいき、嬉しさヒトシオな、テヅクリの醍醐味、コチラもウレシイのであります!
2013.05.10 Friday

彫金教室 「小便小僧」


七十二侯・蚯蚓出・みみずいずる。今日は昼過ぎから久々の雨。今もしっとり降って、テレビも音楽も無しで雨音に耳を傾けるも心地良いです。乾いた庭の土も緑もすーっと染み込んでいく、そんな雨も好きですね。

4月から教室に通ってくれているHくん、早くも第2弾完成「小便小僧」です。チキショー、いいモチーフだぁ、やられたり。ツクられちゃうとワタシ後出しできませんからさっさとせっせとツクリ貯めせねばぁ。初回の顔モチーフで初めて地金削り出しを経験した彼にとっては、やはりちょいムズカシイお題だったかもしれません。ので、ワタシのヘルプが入り過ぎたかも・・・スミマセン。

でも、2回目にしてさしてワックスを削るのと大差ないコトを解ってくれたHくん、道具の使い方や場所場所に対応するリューターのポイントのセレクトも良い感じになって、かなり放置プレーさせてもらってます。さすがに細かい部分での仕上げや目鼻口の彫り込みはこれからの伸び代に大いに期待するとして、よくぞ完成させてくれました!教える側はとてもウレシイわけです。細かい部分は手数を増やしていけば必ず呑み込めるはず。あとは作りたいモノを観察する眼を普段から鍛えないと、コレばかりはワタシが教えられるモノではないので。

ワタシもツクっていて一番重要視してるのは全体に対する個々のバランスとボリューム。この場合だと子供の身長に対する顔の大きさ・肩幅・お尻の出具合・顔に対しての目の位置・子供の筋肉のぽっちゃり感・胴に対する腕や脚の長さ・太さ・付く位置・・・再認識、デッサンの重要性、描くコトの技術では無く対象の観察力。コレに尽きるかも。

もう、3つ目にトライです、ワタシもモチベーションが上がります、アリガトウ!
2013.04.11 Thursday

彫金教室 expressionless


「犠牲陽極」。突然ですが「ギセイヨウキョク」???ナンデスカ?コレハ?某国営放送で経年劣化した巨大旅客船修理のドキュメント番組が放送されていて、その中で出てきた言葉です。修理の為に陸揚げされたドック中の船体吃水線より下に長さ6,70cmの亜鉛のインゴットが取り付けてあって金属のイオン化を利用して船体の錆を防ぐ、のだそうな。鉄が腐食するのを亜鉛が肩代わりし、亜鉛が無くなるまでその効果があるとのコト。良く解らんが200年前からこの方法が取られているらしい。誰が考えたのか、おまけに知らないコトばかり・・・。

さてさて、4月からニューフェイスのH君、3回目にして初作品「expressionless」完成です!「無表情」と、まさしく男とも女とも年齢もワカラナイ、ちょっとグレイ(宇宙人)な感じの顔といいますか頭部の作品です。と、コレはワックスワークではありません。もちろんワックス向きでしょうが、ワタシの原型シリーズのメタルワークでの削り込みを学びたいと、地金の作業でございます。

そもそも何故ワックスでなくメタルを削り出すか。細い部分や薄い部分をワックスで削ると折れたり割れたりと、そのたびにコテで修正しないとならない。地金だと神経質ならずに作業が進められる。それとワックスだとキャスト(鋳造)しなければならず(外注に)キャストアップまで日数が必要。で、「地金を削る」んですが、実はワックスを削り込んで面を仕上げる手間とそう大差無い。なら有効手段と成り得るわけです。

ただ、仕事の方法が変わってきます。ココを勉強したいらしく、初っ端から地金を削ったんです。細工が込んでくるとそれなりにワックス比の難易度は上がりますので最初から思い通りにはならないと思いますが、初挑戦で一通りのセオリーは理解してもらえ完成となりました!と、ココで命名!「シルバー・ダイレクト・カービング=SDC加工」なんちゃって。

次回作も決定済みのH君の新作も乞うご期待!いきなりムズカシイお題ですが・・・ガンバッテ!!!ワタシは着々と「メリーゴーランド」が進んでおりますので次回記事で経過報告いたします。
2013.04.03 Wednesday

Bienvenido!


昨年、初めて咲いた十数輪の我が家の桜が今年はその数を見事に増やして咲いたのに、そのよろこびも刹那・・・花散らしの雨風となって。あんまりなので拾い集めて水盤に放ちました。まだ五分咲きといったところ、残りを思う存分咲かせてほしいと願うばかりです。

さて、コトを始める季節、4月、新しい生徒さんが教室に来てくれました!当方ではこれまで最も若い19歳!いいですねぇ、若いって、なんて言ったらオッサン化(か)!?自分のやりたいコト、伸ばしたいコトにチャレンジするのに年齢は関係ないとは思いますが、そこはやはり若ければスポンジのごとく吸収できる柔軟性がありますよね。今後、仕事にする・しないは別としても、実践的なスキルを望むヒトにはより高度な手技をこちらとしても伝えたくなります。だから意欲のある人は全面的に応援したいとっ!

とか言いながら、実はワタシの方がいつも勉強させられちゃうんです・・・(笑)今後の作品に期待です!Animo!!!



Powered by
30days Album
PR