ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.03.18 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.18 Wednesday

伝えること、もやもやとしつつ・・・


Emerald・エメラルド:楽しみながら仕事をこなす大司祭。穏健・快活・謙遜・協力的。

77日ぶりのブログとなり覗きに来てくださる方には申し訳ないばかりです。まずは、ちゃんと生きていますのでご安心を。と言いますより、本当に時間の無かった年明け以降でした。ですので、しばらく過ぎて、いろいろありすぎて、いろんな言い訳もあったりで、ともかく、何から書いたらいいでしょうか?年末に書いてから2か月半も経って、もう季節が変わろうとしていますね。いつも思うことですが、やりたいこと・やらねばならぬこと・普段の生活も含めて、本当にいろんなことが自分を取り巻いていて、一生懸命にこなすのが精一杯で毎日が過ぎていきます。嬉しいこと悲しいこと辛いこと楽しいこと、自分の感情もスムーズにいかないまま、次から次に舞い込んでくるからパンクしないようにひとつずつやっていく。これで一日一日があっという間に終わる。たぶんちゃんと整理できていないまま、時間が過ぎていってます。

このブログももう5年、6年目?仕事や作品や旅行や季節や、自分の周りのことを思った時に思ったように書いて続けてきました。伝えたいと思うから書いてるのだと思うのですが、何せ文章が下手くそなうえ、伝えたいことが年々増えてくるから文章がだらだらになってるし、すみません。多くは仕事のことですが、ワタシを知ってもらうため、またはワタシのいろんなココロの吐露、だったり、いろいろこのブログには意味や役割があって、まだまだ書いていくつもりです。ひとつ言い訳をすれば、まずは物理的に思ったことを書く時間が無いこと。それからfacebookで日々をちょっとずつ書いてることでココで書くネタを逸していること。書きたくないのでは決してないので、ちゃんと棲み分けをしなければなりません。とはいえ流れの速い時代にブログの役割もちょっと古くなったか、合わなくなったか。毎日をfacebookやツイッターやSNSで何気なく小出しに、ついていけず忘れてしまいそうな自分を書き留めるのは時々辛く思うこともあるのは事実でありながら、仕事や店や作品を世に知ってもらうツールとして便利なSNSにどっぷりはまっている自分も嫌になる。けど即効性や利便性に負けて使わざるを得ない。

だから、普段の何気ないことや、仕事のアピールや宣伝はSNSで、自分の考えや作品に込めた思い・制作の中身については時間の許す限りしっかりとじっくりとブログにしたためる。先日、いとこに言われました。「最近、ブログ書いてないね。モノづくりのこと、ココロの中のその思いを楽しみにしてる人、いるから、続けた方がいいよ」。ぐさりとど真ん中突かれました。作品をツクル人は、作品は当然として、その人そのものが愛されなければ、どんなに作品が良くても優れていても、きっと魅力は半減するんだろう。ファンになってくれる方はそういう部分が大事なんだろうな、と、ワタシがいいなと思う作品はやはりその人柄も気になるし、もし会って知ってる人なら、「あ〜、やっぱりこういう人がこの作品を生むんだな」って、思う。ワタシの人柄がいいとか悪いとかじゃなくて(決して褒められたものではないが)、日常は他者との関わり合いが無いはずが無いから、作家やモノをツクル人間などはことさら、そういう部分が大切なはず。そろそろ、何を書きたいのか解らなくなってきてますが、ちゃんと伝わるように制作だけでなく努力が必要だって、あらためて思います。できるだけこまめに思いを書こうと思います。下手くそな文章で毎度皆さんにはご迷惑をお掛けしますが、引き続きお付き合いくださいませ。

さて、もうひとつブログを書けなかった理由があります。それは2年前にも参加した「技能グランプリ」という28職種の各一級技能士の「日本一」を決める大会に出場するため、1か月店を閉めて、2か月に渡って課題の練習と大会出場に腐心しておりました。前回は初めての挑戦ということもあって、結果は箸にも棒にもかからず、と、2年前の記事にも書いたかと思います。では、今回は・・・三位入賞いたしました。なんとか結果を残して、その後2週間ほど燃え尽き症候群となっており、この3日ほどでようやく机に向かって仕事ができるようになりまして。今回もたくさんの方にお世話になり協力いただいたおかげと、感謝なのです。老眼の進行が昨年からひどいので、大変でしたが、今のところ、さらに上を目指す気持ちや様々な事での余裕がありませんので、次回は出場しない、と記しておきます。

それから、今後の予定を決まっているものをざっくりとお知らせいたします。

5月中旬より愛知のギャラリーさまである作家さまとコラボレーションの二人展
6月上旬、大阪箕面市のギャラリーさまで企画展
6月下旬、名古屋クリエーターズマーケット
6月下旬、アトリエショップにて若い彫金作家の企画展
8月、阪神百貨店イベント

作品制作とショップのプロパー作品の充実とオーダーの作りこみとレッスンに・・・ホントに時間が足りない・・・もうひとり自分がいたらいいのになぁ、と思ってもしょうがないことを思います。と、春を過ぎたころにホームページの大改造とウエブショップの開設も予定してます。とりあえずは予定です、できるだけ早急にできあがるよう準備いたしますが。

今日は長々とだらだらと書いてしまいました。でも、思うことしっかり伝わるように。

 
2014.12.30 Tuesday

2014年を振り返って


Color change garnet・カラーチェンジガーネット:前向きに進もうとする元気者。慎重・社交的・のびのび・ポジティブ。

大掃除も済んで新しい年を迎える準備がようやく整いました。記事も今年は月を重ねるごとに書ける時間が少なくなり、これを今年の最後にしなければなりません。ですので総括を、と思いましたが、濃密すぎて思い出せない、というかどう書いたらいいか・・・。

職人としてはかなり遅い24歳でこの業界に入って今年で20年目となり、人生の半分に近づいてきました。彫金学校を卒業したわけでも親がこの仕事をしていたわけでも周りに彫金をしていた人がいたわけでもありませんが、20歳を過ぎたころから自分で道具を揃えて、今のようにネットが無かった時代だったので図書館で彫金の本を借りてきて独学で2年ほど制作していた作品を、自分で探したジュエリーメーカーに持っていって就職して、職人として下積みから始まり、気が付いたら20年目。

彫金を生業にしてから景気は下がる一方の中、給料は上がらずとも転職は一度も考えたことはありません。ダイヤとサファイヤとルビーとエメラルドしか知らなかったワタシが飛び込みで入って20年続くとそのころは思ったのかどうかは定かではありません。が、やはり一筋縄ではいかないそれなりに波乱万丈をかいくぐって。40歳を目前に「動くジュエリー」を作り始めて「作品」というものを当時は発表など考えもせず制作し始め、ブログをきかっけとして知り合った鍛金作家さんに「ボダイジュエキスポ」を勧められて初めて人様に見てもらって2年ちょっと。の間に、36年住んだ大阪を離れて兵庫の少し田舎に店を持ち、あっという間に1年が過ぎました。

職人で長くやってきてそれなりの準備はしていたといえども、それまでのやり方とは全く違う道に40歳もとうに過ぎてから足を踏み入れて、右も左もわからないまま思いっきり走ってきたこの一年。この一年は振り返る暇もない時間の過ぎようで、自分で組んだスケジュールに忙殺されましたが、目の前にあることをとにかくこなす、日々でした。人生の中でこれほどがむしゃらだったのはない一年、今年ばかりは頑張った自分を褒めても良いと。

でも、ひとりでは絶対に出来なかった。作品を発表するのも、店を改装するのも、イベントに参加するのも。すべて誰かに聞いたり教えてもらったり手伝ってもらったり、支えてもらったり。

自分の作ったものが誰かに良いも悪いも批評を頂き、作品を通してワタシの存在を認めてくれることが、これほど強烈にダイレクトに自分に反射してくるある種の心地よさを、いままでの仕事のやり方では得られなかった感覚を知ったのと同時に、このやり方をずっと続けている作家という職業は、まさに自分の技術と命の切り売りだと、恐怖感も覚えつつ。

作りたいものを作れる今を継続させなければ食べていけなくなる怖さをこの年齢で体得していることを、周りを見て客観的に遅いと思っている自分と、この環境に自分で持っていった腹くくりと、を、しかしやっと自分らしいかもしれない現状を常に反芻しながら、悩む暇もないぐらいがちょうどいいのかと忙しく、「ツクル」ということだけに没頭できる自分にいつなれるのか・・・などととりとめもなく思ってみても答えは積んだ先にしかないことを20年の自分のキャリアで信じる他なく。

でも、他者があって自分があることを一番思い知るこの一年は、「感謝」という言葉しか思いつかないです。これだけたくさんの「他者」に支えられてある自分が皆様を裏切らないでいくには作り続けていくしかないことを、きっとこの先もっと思い知るのだと。

自分の店がどういう役割をして、仕事や作品が人様にどんな影響を与え、仕事としてお役に立てているのかどうか、必要なのかどうか、商品と作品の違いや、世の中に出て回る価格の在り方など、きっと悩みながら続いていくのだろうと。でも、私の手から生まれたものが、驚きや楽しさや感動や欲しいと思う所有欲など、見て、手に取ってくださった方が少しでもいる限りそれに応えることがワタシの果たすものだと本気で理解できたとき、それまでの自分すべてを見ていただけるその日まで、やはり作り続けていくんだと、そんなことをちょっとだけかもしれないけど知ることができた一年になったように思います。

このステップをまさに次への足掛かりとできるよう来年も走っていきたいと思います。6月ごろまでのスケジュールも決まってまいりましたので、また改めてお知らせします。今年も本当にありがとうございました。やはり思っていることがちゃんと文章になりませんが、どうぞ来年もよろしくお願いもうしあげます。皆様にとって2015年が素敵で実りある一年になりますことをお祈りいたします。よいお年をお迎えください。
2014.12.02 Tuesday

11月の各イベント終了!!


Black coral・ブラックコーラル:感動や刺激を求める敏感肌の持ち主。敏感・欲望・好奇心・プラス思考。

何からどう書いたらよいのか。とにかくもう12月。煩雑多忙に感謝!?秋の訪れが早かった今年は紅葉も例年になく綺麗でした、と、目に楽しい季節は篠山はもう過ぎ去り、ゆっくりも眺めるなど何の余裕もないまま、6月頃からつっ走って、やっぱりカレンダーは残すが1枚。もう、ワタシの手には負えないキャパオーバー寸前ですが、なんとか踏ん張って制作にイベントに、目の前のことに向かっています。

11月は記事も1回にとどまり大変申し訳ありません。月初めのササヤマルシェにはじまり、なごや・クリマ、そしてボダイジュエキスポ3と大型イベントが終了。と、息つく間もなく、展示イベントが今月もございます。うーん、文章がめちゃくちゃになっておりますが・・・。

12月5日から、篠山の本通りにあります「大正ロマン館」で15日までクリスマスフェアに出展、同時期にクロスして神戸のギャラリー[sol de sol]さんにてお取扱い頂き、ショップ以外でもお求めいただけるようになります。そして20日21日はインテックス大阪にて[Creema Craft Party]に出展です。

バタバタすぎて告知が間に合いませんし、詳細もちゃんと書かずで本当にごめんなさい。そして、今月のイベントにお越しのお客様、それぞれにたくさんの方にお越しいただきました、いつもありがとうございます!!また、各々の各関係者の皆様にもはなはだ簡単ではございますが大変お世話になりました、心より御礼申し上げます。

出展の回数を重ねるごとに多くの方に支えられ、新しいご縁と出会いにいつも感謝です。年を超える頃に少し落ち着くかと思います。その時に思いのたけとお礼と今後のことと・・・いろいろお知らせできたらと思います。この記事が今年最後にならぬように努めますが。

重ね重ね、事後報告の失礼をお詫びしますとともに、感謝の気持ちでおりますことをお伝えいたします。ありがとうござます!!
2014.11.05 Wednesday

K14 champagne gold line release


Nephrite cat's-eye・ネフライトキャッツアイ:目新しさを追い求める楽天家。才能・芸術・楽しい雰囲気・新しいもの好き。

名産丹波の黒豆ももう時期を過ぎて、日差しのある日向はまだ暖かいですが日陰や屋内はすっかり寒さが勝ってヒーターを入れてしまう日が増えてきました。今年は昨年のようなカメムシ大発生は無く、天気予報の長期予測では今冬は気持ち暖冬と聞きました。秋の訪れが早かった今年はもう色付き始めた木々が多くみられ秋本番から晩秋を迎えた篠山です。時はすでに11月、地元でのイベントやお祭りはすべて終了。それでも季節の良いこの時期と昨年よりさらに篠山河原町の認知が上がったのか、平日にも観光客の姿が決して多くはないものの増えたように思います。

そして、今月は怒涛のイベント月間、といってもふたつですがワタシの出展参加するイベントでは最大級のもの。それがふたつで作品制作や新作準備におおわらわ、な訳です。開店から一年を経ておかげさまで少しずつですがオーダーやリフォームも頂き、週の7割ほどは教室もご予約で、ワタシの仕事が少しずつ後ろ倒しに夜のスケジュールとなっており・・・ありがたいことです。

と、そんな中、待望のゴールドラインが三種類、ようやく販売開始となりました。まずはK14の八角・ヤモリ・タツノオトシゴからリリースです。それぞれにダイアモンドをセットしやわらかいシャンパンゴールドのペンダントといたしました。今までのシルバーとはやはり雰囲気も変わって一気におとなな感じに仕上がりました。ショップでは勿論のこと、外部通販サイトになりますがウエブショップでも販売しておりますので是非ともご覧くださいませ。

iichi:http://www.iichi.com/shop/N7172395
creema:http://www.creema.jp/c/eauge/selling

以前よりお知らせしておりますが、重ねて今月イベントも下記ウエブよりご覧くださいませ。

http://www.creatorsmarket.com/
http://expo.bodaiju-cafe.com/
2014.10.26 Sunday

SV prototype Vol.68 "dragonfly"


Tiger's eye・タイガースアイ:観察力と行動力を兼ね備えた人。技量・一途・前向き。

もうすっかり朝晩は気温一桁で毛布をかぶらねば寝られない篠山です。それでも昼間はちょうど良い秋本番、空はどこまでも突き抜けて綺麗な青が一面の日が多いです。秋の色付きも少しずつですが始まったようでこれから晩秋、そして初冬と季節は移っていきますね。

さて、ブログをご覧いただいてくださります皆様には本当にお久しぶりの記事となってしまい申し訳ありません。9月の篠山アートフェスからあじまつりを経て、来週末はササヤマルシェと秋の篠山大放出に加え、11月は名古屋のクリマと月末のボダイジュエキスポ、12月の大阪インテックスでのイベントと、ワタシ的には目白押し。それから新規でギャラリーさまの作品取扱いなど頂いており、その打ち合わせや事務仕事に翻弄されている日々、作品のツクリ込みに全然手が回りません・・・ありがたいのですが。

とりあえずはBodaiju Expo 3に向けての組紐作家Sayoko hirano氏とのコラボ作品をできるだけ制作してまいりますが、通常の原型シリーズでも少し大きくなりますがギミックのトンボをラインに加え、同時にコラボの作品にもゴールドのラインで発表してまいります。で、原型は完成、一部チラ見せでご紹介。その他も完成次第チラ見せでアップしてまいりますが、作品の全貌は是非ともBodaiju Expoの会場で見て頂けたらなと。

ということで、なかなかブログの更新ができませんが、普段のちょっとずつの進行はfacebookにてお知らせしております。facebook利用登録されてない方も應需細工所のページはご覧いただけるようですので是非とも。
https://www.facebook.com/JewelryManufactureEauge
2014.10.09 Thursday

366日目の朝


朝晩の冷え込みが強くなって盆地特有の気候をまさに肌で感じるこの頃、昨年の今頃はこんなに冷え込みがあったかなと。30数年暮らした街から少し奥まった町に変わって365日を過ごし季節をひと巡り。昨年の今日も明け方まで雨が降っていたのを思い出し、くしくも今朝も同じく雨上がりに。でもいつもと変わらぬ静かな一日が、でも「新しい一年の一日目」がやってきて。

おかげさまで本日「應需細工所」は一周年を迎えることができました。篠山に移るまでにも多くの方に助けて頂き、支えて頂き、また一年を迎えるまでにも同じく。店を持って本当の意味でひとりでやってきたのではないことを心底感じます。絶対にひとりでは続いてなかった。友人も先輩も家族もお客様もあってワタシが継続できて、いや、続けることを許して頂いているんだと。応援や励まし、提案・導き・・・様々な支えが制作や夢をワタシひとりのモノではないコトを教えて頂き、どのように感謝を伝えればよいのか解りません。でも、本当に、ありがとうございます。

きっと、間違いなく、このお礼は皆さんに喜んで驚いて楽しんで感動してもらえるモノヅクリでお返ししなければ。お伝えしたいことはたくさんあるのですがやっぱりまとまりません。今日、新しい一年の一日目がスタートいたしました。これまでと同じく一意専心全身全霊でツクリ続けていこうと。

重ね重ねになりますが、日々ワタシを支えてくださる皆様、本当にありがとうございます。これからも應需細工所を暖かな目で見守ってくださいましたら幸いの極みです。

2014・10・9  eauge   yuji ishii
2014.09.30 Tuesday

gecko pendant K18WG/Dia


Blue star sapphire・ブルースターサファイア:時の流れを垣間見る英雄。直観力・状況判断・のんびり屋・才能。

米の刈り取りもすっかり終わり、黒豆の時期を迎える篠山は嵐の前の静けさです。秋の篠山はこの黒豆を求める観光客の方でそれはそれは大変なニギワイとなり、街に繋がる道は大阪や京都や近隣の県のナンバーが付いた車でごった返し、メインの観光のバス通りも少し外れたワタシのショップの河原町も、道が見えなくなるほどの状況になります。決してコレは過言ではありません。昨年引越してきたばかりの何も知らないワタシはその渦中に放り込まれていたのですから、今年もお天気さえ良ければ昨年同様でしょうね。10月11月とお祭りが続き、ショップも開店一年となります篠山に渋滞覚悟で是非遊びにいらしてくださいませ。秋の味覚とジュエリーを見つけに。

さて、このところ原型シリーズは鳴りを潜めておりますが、今後「ライトジュエリー」としてゴールド&ダイアモンドのシリーズを発表してまいりますが、それに一歩先を行きますようにお客様から「ヤモリ」のK18ホワイトゴールド仕様のご注文頂き、先日納品させて頂きました。大変に喜んで頂き、またツクリテのワタシも想像はしていたものの、ゴールドの存在感とダイアの輝きにシルバーとは全く趣を異にしたヤモリを制作お届けでき嬉しく思っています。そんなご注文がある時はリンクするように他のお客様からもゴールドのカエルはないの?と、聞かれるのですよね。そのお声にお応えできますよう、まずは3〜5種類のK14&Diamondバージョンをラインアップしていきます。どの子がゴールドになりますかはお楽しみに。

と、そうそう、このヤモリの土台になります4つの輪っかは、お客様の車のマークです。車の好きな方はすぐにお判りでしょうが(笑。ん!?ヤモリもそうですな!!まさにそのキーホルダーになるのかワタシは伺っておりませんので解りませんが。

今年も残り33%。いやはや、正月も目の前ですか・・・
2014.09.23 Tuesday

ささやま・まちなみアートフェスティバル2014 終了


Diopside・ダイオプサイド:敏感な感性と優雅な心を持つ素直な人。はにかみ・礼儀・あふれる愛・表現力。

快晴の秋分。篠山は一気に秋めいて朝晩は薄い掛布団では寒く、冬の掛布団で早くも就寝です。が、この3日ほどは少し気温は高めで、朝起きたら布団は蹴られて何処へやら。で、風邪ひかないようにしないとです。稲刈りもほぼ済んで来月からは名産黒豆の時期になり、篠山にはそれを求めてたくさんのお客さんがいらっしゃいます。ベストシーズン到来です。

さて、そんな中、本日をもちまして「アートフェスティバル」が無事終了いたしました。8日に渡って開催されましたが、さてどれだけのお客様にお越しいただいたか、驚きと感謝といっぱいです。会期中にお越しくださいました方、複数回お越しの方、また作品をお求め頂きました方、また、様々なお話をお伺いでき、ギャラリーさまや新規彫金教室のご予約など新たなご縁も頂きました。本当にありがとうございました!!今回で4回目となるアートフェスに初めて参加させて頂きましたが、これほど関心を持って篠山までお越しいただけるしっかりとした企画運営の皆様にもお礼をしなくては。大変お世話になりました、ありがとうございます!!

参加作家の中で唯一、会場でショップを持つワタシは、連日のお客様でほぼ会場を見て回ることが叶わず、ちょっと心残りでございます。店にお越しいただいた作家さまとはご挨拶とお話をさせていただき、今後のお付き合いに名刺交換も。ジュエリーの職人と言えども何かしらお手伝いできることが実はいろいろあると、思い直してもおります。そして秋の実りだけではない篠山も多くの方に知って頂けたことも大きな収穫でした。2年に一度のイベントですので次回まで少しお暇となりますが、店頭での参加は普段のイベントとはまた違う楽しみやご縁がありますので、早くも期待しております。が、本音で言いますればとりあえずはちょっとお疲れですし、一切机に向かえずでしたので期間中にご依頼のありましたリメイクやお修理、改作に掛かりつつ、ありがたくもものすごい作品の嫁の行きように店頭のお品が減っておりますので仕上げてまたキャビネットに並べねばなりませぬぞ、と。

そんなもので会場の雰囲気や作品の写真がわずかしか撮れませんでしたが、以下に並べましたのでご覧くださいませ。また作家さまのお名前や作品名などは申し訳ありませんが省略させて頂きました。町屋と作品のミクスチュアをお楽しみくださいませ。そして次回は実際にご覧いただけましたらと思います。

ということで、明日から通常業務、復帰できるかな・・・

2014.09.11 Thursday

Re-make K18YG Jade pendant 2&3


Rainbow fluorite・レインボーフローライト:No.1を求める誇り高きエリート。自信家・内向性・頭脳明晰・社交的。
やっぱりこの話題、「雨」。昨日遅く実家のある大阪ではとんでもない豪雨だったようで、池田市では120个猟狭覬。ワタシが経験したことのある雨は数字が解るもので覚えているのは53个箸。おそらく80个阿蕕い留の中、高速道路を走ったことはありますが、というか走れてないです。見えないし冠水した水の抵抗を受けて思う方へ進まないし、とにかく怖い。見た目にもですが音と空間を圧迫される恐怖も超豪雨にはありますね。ただ高速道路の時はひとつだけ良いことが。それは手洗い洗車のように車の汚れが綺麗に洗い流されたこと・・・怖かったのでもう経験したくないですが。

さて、年末までのイベントが確定しそれぞれを動かしていく段取りにPCとにらめっこの毎午前中を過ごして、午後からなんとか机に向かうこの半月ほど。今週末からは店のあります「河原町妻入商家群」にて「ささやまアートフェスティバル2014」が開催されます。ワタシも店で作品を展示いたします。44名の各作家作品が町屋を美術館に変えていきますよ。お時間の許します方は是非足をお運びくださいませ。9月13日〜23日まで10:00〜17:00です(16・17日は休館)。

さてさて、本日の記事はお久ぶりのオーダーです。いままでブログをご覧いただいてる方は「?」と思われたはず。そう、2月に納品しました「翡翠のペンダント」のお客様から再びのご依頼です。実際のお使いになる方はご親族の方ですが、以前と同じく形見分けの翡翠の玉をシリーズでありつつデザインを少し変えてとお客様のご希望でしたので、扇方のデザインは同じく、唐草をそのカタチから少しはみ出してみまして。と同時に半球の翡翠もご依頼でプチペンダントにいたしました。以前の記事はコチラ→http://j-eauge.jugem.jp/?eid=72

このようにお客様ひとりひとりにデザインをご提案させて頂き、正真正銘「唯一無二」のジュエリーとしてよみがえらせるお手伝いが出来ますことをいつも感謝とツクル楽しさを作品に込めて。良い季節に篠山でジュエリーのリフォームのご相談はいかがですか?
 
2014.09.05 Friday

SV prototype Vol.67 "moth" 薄足袋蛾


Golden pearl・ゴールデンパール:優雅・活発・陽気。
どうにもこうにも丹波地方は毎日雨・・・大きな被害は無い篠山ですが、隣町の丹波市、京都府福知山市は警報の出ていない日の方が少ないのではと思うこの半月ほど。今夏、大阪は酷暑日が無かったそうです。冷夏ではないものの日照時間の少ない夏は特に作物に関して今後どのような影響が出るのか、野菜は高騰し食卓に直撃していますからね。クールジャパンでお寿司を食べる(特に生食用の魚)国が増え、マグロもウナギも激減。そんな中なんとダイヤモンドも超高騰。年々産出量が減り、収入の増えたアジア諸国での取引が過剰になっているのが原因のよう。貴金属もこの数年ずっと高止まりで、少なくともワタシの知る限り4倍以上の価格で推移。パッとしない景況感下では現金より地金、それが需要と供給のバランスではなくマネーゲームの対象に。何でも度が過ぎれば普通でなくなるのですよ。ジュエリーをツクル身にとってはもう手も足も出ない、そんなツラい時代です・・・。

しかしながら有史以来、身を着飾ることは一度も廃れることなく続く数少ないであろう文化。時代の流れは当然その時々に流行り廃りを変化させていく、それに敏感になって先端を行くかそこから外れたニッチを選ぶか、いずれにせよ「いいモノ」がちゃんと理解されて受け入れられる土壌をツクル側も受ける側も根付かせる、そんな今まで当たり前だったことを取り戻さなくてはならないことに早く気が付かなければと、いつも思いながら・・・。

そんなことはさておき、原型シリーズは既存のサイズをいささか超えて第67弾「ウスタビガ」です。虫の苦手な方、ごめんなさい。かくいうワタシもあまり得意ではありませんが、羽の模様の美しさも言うまでもなく毛のモフモフ感がたまらないと、個人的には思っており。地金でこの柔らかさを表現してみることにいたしました。



実はモフモフ感以上に気になっている部分が「触覚」。あの線の細さや並列の様子やしなやかなラインは、これまたワタシ個人的にゾクゾクするのです。今回は全体をツクリ込みましたので、触覚の詳細はサイズ的に無理ですのでここまでの処理です。いずれ近いうちに触覚のみのモチーフを落とし込んだ何かをツクリます。

少なくとも3種類のテクスチャーの違いは、案外効果的に出たのかなと。気になるサイズは両翼70弌ペンダント・ブローチと初の帯留めにも使えるサイズです。大きすぎず小さすぎず、ですが、ツクリ的に気になるのは目方ですね、14g、軽くは無いか・・・。
Powered by
30days Album
PR